トップページ

ボールペンのインク出なくなる理由

ボールペンのインクを最後まで使い切ることは意外と難しいことでしょう。
中には、ペンにはインクがまだ残っているのに書けなくなったという体験をした人がほとんどではないでしょうか。
これは、インクの中に空気が入ってしまい、かすれてしまうパターンやインクの先が汚れて書けなくなってしまっていることが大きな要因だと言えます。
インクの先が汚れている場合は拭けば問題がないのですが、空気が入っている場合は厄介です。
インクがあるのに書けなくなって捨ててしまうケースはほとんどがこれです。
しかし、ここで空気を抜く方法があります。
インクがあるのに書けなくなった場合は、ビニール袋にボールペンを入れて封をして思いっきりぐるぐると振り回してください。
そうすると遠心力でインクがペン先に集まってきます。
ただ振るだけでは効果はあまり出ません。
遠心力が重要なのです。
周りに人がいないか、危険な状態ではないのか確認してから行いましょう。
他の方法では手で温めるとインクが出るというやり方もあります。
いずれにしてもインクが残っている限り、書けなくなった理由があるだけで、使えなくなっているわけではありません。
エコのためにも使い切りましょう。

ボールペンでこだわりたいポイント

大人になって最もよく使う筆記具といえばボールペンです。
自分で書きこむときも汚くなりにくく、また、公文書などには必須であるため使ったことがないという方がいないほど普及しています。
万年筆などと違い、インク漏れなどがないため持ち運びがしやすいという点も大きなポイントです。
毎日のように使うものですから、こだわって選びたいものです。
中でも特にこだわりたいのが、書き心地です。
人それぞれ筆圧や書き方は異なりますから、それに合ったものを選ぶのが良いでしょう。
ちょっとくらい書き心地が悪くても我慢すればよいと思いがちですが、書きやすいペンを使うことで仕事や勉強の効率はぐんとアップします。
そういった点を踏まえて自分に合ったボールペンを探しましょう。
どのような紙に書くことが多いかということも選ぶ際に決めておきたいポイントの一つです。
インクがなかなか乾かなかったり、うまく紙にインクが乗らないということがあると大きなストレスになりますから、そういったことがないよう、普段使う紙でためし書きをするのもよい方法です。
ボールペンは比較的安価ですから、いろいろな商品を購入して使ってみると自分に合ったものに出会いやすくなります。

check

大人が思い切り勉強できる場所をご提供します。

新宿の自習室

CMerTV:スマートフォン向け動画広告配信サービスを開始

2017/12/8 更新